メッセージ

技術革新による生産効率向上や製品品質向上は重要な経営課題です。

また技術革新は生産を支える生産設備にも大きな影響を与えています。 技術革新の進展により導入された設備は電子化・自動化され、旧来の保全と異なる保全技術を必要とします。

一方で従来から使用している旧設備の保全も必要なため、熟練保全技術者のノウハウを継承しながら新設備への対応という難しい課題に企業は直面しています。

生産効率向上や製品品質向上を追求する上で、生産設備の設備利用率向上や設備品質向上は重要な要素です。それ故、設備保全活動を経営指標としてマネジメントする活動が重要となっています。

このようなニーズに対応するためには、基幹業務機能のひとつとして設備保全管理機能を持ち、ビッグデータ解析やIoTなどの技術革新を取り込んで成長を続けるSAPは価値のある選択肢です。

2015-04-17 18_00_58-P1020046.JPG - Windows フォト ビューアー代表取締役 栗田 忠裕